車購入の契約書への押印

イメージ画像

自立している大人は誰でも、“実印”と言われる、市町村役所に行って登録証明された印鑑を、持っているものなのでしょうか?私は30代にもなって恥ずかしながら、まだ持っていません。
持っていないと言うか、そんなに必要な場面はないような気がして、持たなくても良いと考えていました。

もちろんしっかり働いて自立しているつもりですが、正直言えば実家暮らしなので、親任せになってしまっている所があったんだと思います。

でも最近、実印が必要だとつくづく考えさせられた事がありました。
ちょうど1カ月前位になります。
ずっと欲しかった新しい車をついに手に入れる日がきた時の事です。
何年も前から貯金していたので、ローンも組まずに、みごと現金一括で支払いが出来る事に、得意げな気持ちで契約書にむかっていました。
しかし、その後の手続きで、契約書に押印するのに必要なのは実印でした。
ローンを組まないのだから、実印は必要ないだろうと勝手に考えていましたし、実際の問題として、私自身がまだ実印を持っていなかったので、結局、親の実印を借りてしまうはめになりました。
本当に恥ずかしいお話です。

そこで、実印が必要な書類とはどんなものなのか色々気になってきました。
調べれば分かる事ですが、自分で予想すると、車を買う時、家を買う時、遺言書を作成する時、それくらいしか出てきません。
どちらにしても、早めのうちに印鑑登録と印鑑証明書の手続きをして自分だけの実印を手に入れておこうと、心から反省するこの頃です。

このページの先頭へ