象牙で作る印鑑

イメージ画像

登録証明書の印鑑は、やはり世界に一つだけのものですから、高級なものを選ぶのでしょうか?私も、印鑑証明を手に入れようと思っていて、最近どんな印鑑がいいかお店を色々見ていたのですが、高級なものを勧められ、それには象牙で出来た印鑑が大変多いのに気付きました。

私は動物の中で一番象が好きです。なので、過去に毎年7万頭が象牙を取る為に密猟犯に殺されて、ある国では85%象が激減したという悲しいニュースを思い出します。
切ない事に当時は、オスの象の牙が一番大きいのでお年寄りの象から殺され、足りなくなると子供の象も捕らえられたようです。
 
今は、ワシントン条約によって象の輸入や輸出が禁止になりましたので、幸い象も増え続けているそうですが、今ある象牙がすべてと言う事になるので、そう考えると貴重な素材なんですね。
その条約が出来る前ある人たちは、そのように象牙の取引が禁止されると密猟が増えだろうと心配したようですが、実際は逆に密猟が減り、価格は急落したそうです。

お店の人によれば、これでも比較的象牙は安くなっているのだと言います。
ただ偽物もあるので注意したいと思いました。
不正なものか正規のものか見分ける方法は“登録証”の有無です。それがない印鑑は買いたくないですね。
 
しかも象牙にもランクがあって、色や模様で見分けるようです。
牙を真っ二つにすると円状の線が見えるようで、外側に行くほど細かくなります。
その外側に近いほどランクが高いと言えるようです。
色々知る事ができましたが、まだ印鑑は迷ってしまい、買っていません。

このページの先頭へ